「工夫とツール」で初期段階の営業をサポート/さいたま市大宮区の “しかけづくり” です

王道の営業手法や従来からのやり方はもちろんですが、それだけではなかなか上手くいかないこの時代。だからこそ「新しい営業手法を(も)考え・試す」ことが求められています。

とはいえ営業の初期段階とされる「新規開拓・集客」「認知向上」に関しては(特にここ最近は)冷静さが必要で、飛び込み/TELアポ/くどいWeb広告・メールなどはむしろ逆効果になります。

ではどうするのか?
答えはあるのか?

・・・当然のことながら正解はありませんし、「○○をすれば必ず成功する!」なんてモノもございません。

ただこれまでのサラリーマン生活でメインストリームの「営業」ではなく、結構好き勝手にやってきた【傍流・異端のキャリア】を通して、私自身いろいろ考え・試した「引き出し」が豊富にあります。

「お客様のお客様」の属性や業界の様子など外部環境、販売する商材等をヒアリングし、方向性の共通見解をまずは作った上で、よかれと思うカタチにアレンジしご提案します。

その中で

時に一緒にチラシや営業ツールを作ったり / また時に一緒にイベントで大声を出したり / なぜかPAブースでマイクのハウリングを気にしつつBGMのポン出しをしたり / セミナー営業のシナリオをより効果的にすべくレジュメを作り直したり / そもそもの企画段階でやりたいことを整理しコンセプトをまとめたり / スポンサーや協力者を募る提案書の構成を考えたり / 当初「ただチラシを置いて・・・」のつもりだった展示ブースの装飾を突貫で多少見栄えよくしたり / 受付効率を良くするためのツールを微調整して提供し、オペレーションの指導をしたり



などなど、予算や時間等の制約を踏まえ、その中での最善策を【工夫】するとともに、【ツール】を選択・作成することで効率化を図って、新規開拓や認知向上のための【しかけ】を作るお手伝いをいたします。