あえて今「ホームページ屋」をやろうかと・・・

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-0-57-13

実はあえて今、「ホームページ屋」をはじめようかと準備中でして。ただあまり「しかけづくり」としてソレをやることは気が乗らないという・・・。(約15年前、フリーでWeb制作していましたがイヤになってサラリーマンになった経験が・・・。何がイヤで?についてはいつかまたなにかの折に)。

そんなときふと思ったのが「ピコ太郎と古坂大魔王」との関係。(途中で設定変わるかもしれないし、バレバレではあるけれど)一応ピコ太郎は古坂大魔王がプロデュースした53歳のアーティストという建前になっている。この使い分けっぷりに「これだ!」となりましたね。

ちなみに、

  • 企画コンテンツなどの中身部分をしっかり作る代わりに、(スマホで楽に更新できる類の)Jimdo / Ameba Owndのテンプレをベースにしたり、制作プロセスを工夫したりすることで値段を安くし
  • 無料で使える特化型サイト(Creema・趣味ナビなど)や予約システム・イベント管理システムなどのプロフィールページや初期設定とサイトへの組み込み等をオプションにして
  • サイトだけでは今日日色々厳しいのでその前後部分(FBページやチラシ、小冊子等)もオプションで選べるようにして
  • サイト+オプション1つで5万円くらいで、でもなんだかんだフルセットにするとそれなりにはかかるけど実はトクだったみたいなサービス

なんていうのを、あくまでしかけづくりプロデュースの体裁で、「2017年型ホームページ屋」的な別ブランドでやろうかと考えています。

世の中しっかりと予算組みすれば、しかるべき会社に頼んで各分野のプロ達をスキルのあるディレクターがしっかり束ねていいものを作ることはできるけど、そこまで予算が出ない人達のために、とはいえ安かろう悪かろうではないものを・・・という思いがあります。

作って納めておしまいな外注業者の経験よりも、むしろ内製担当として集客や売上の責務を負い「どうすれば・・・?」と悩んだ経験を、困った方のために活かすことができるのかなぁと。

ということで、動きがありましたらまた改めてお伝えいたします。

あ、もちろんその前に「ウチの作って!」といったお話をいただく分にはいくらでも。